製品情報

当社の製造する各種高圧ガスは、医療現場をはじめ、沖縄県内の様々な分野で利用されています。
私たちはこれからも安全で高品質な高圧ガスを確実に供給してまいります。

酸 素製品情報

酸素は当社の主力製品であリ、特に医療現場では欠くことのできないガスです。
その他、電子工業用、化学工業用、公害防止用、 鉄鋼 ・非鉄金厩の精錬、 冶金用としても使用されています。

窒 素ガス製品情報

不活性ガスである窒素は、石油基地やLPガススタンド等の保安用ガスとしての用途が大口需要であリ、その他、鉄鋼・金属、冶金工業用、食品封入用としても使用されております。
また、液体窒素の超低温を利用した冷媒用としての用途があリます。

炭酸ガス製品情報

液化炭酸ガスは、 広くなじみのある飲料用 (食品添加物)としての用途の他、溶接用、消火用、農業用などの用途があリます。

溶解アセチレンガス製品情報

アセチレンガスは、溶接・溶断用として建設現場などで広く使用されています。
ガスの性質上、ボンベにそのまま圧縮充填するのではなく、ボンベ内部に詰められた多孔質物質に有機溶剤を浸透させ、その溶剤に溶け込ませる形でアセチレンガスを充填することから、溶解アセチレンガスと呼ばれています。

アルゴンガス製品情報

アルゴンガスは、溶接用、鉄鋼の雰囲気用、金属精錬用などに使用されています。

その他のガス製品情報

その他のガスとして圧縮空気は、
主に消防やスキューバダイビングなどの呼吸用に使用されています。
また、混合ガスとして沖アルカーボン(Ar+CO2)は
溶接・切断用としての用途があります。
その他、高圧ガス容器の耐圧検査を行っております。

酸素・窒素・アルゴン製造工程

【新製造装置の概略系統図】

酸素・窒素を製造するための原料は空気である。空気中には窒素が約78%、酸素が約21%、アルゴンが0.9%、その他、炭酸ガスや水素が含まれています。

空気中より酸素、窒素を分離するには、深冷分離法、吸着法、吸収法、膜分離法などがあるが、当社では深冷分離法を採用しています。

アセチレンの製造工程

アセチレン製造法には、炭化水素の熱分解による方法(熱分解法)とカルシウムカーバイドに水を加えて発生させる方法(カーバイド法)があり、当社は、カーバイド法によりアセチレンの製造を行っています。

溶解アセチレン製造工程図

製品の購入について

販売ルート


URL:http://okinawa-okano.co.jp/

当社製品はすべて株式会社オカノでご購入いただけます。

本社 沖縄県那覇市安謝1丁目23番8号 TEL.(098)867-1611 FAX.(098)866-6966
中部営業所 沖縄県嘉手納町字屋良1022番地 TEL.(098)956-2040 FAX.(098)956-2073
北部営業所 沖縄県名護市字中山324-1 TEL.(0980)52-4102 FAX.(0980)43-5011
宮古営業所 沖縄県宮古島市平良字久貝659-5 TEL.(0980)73-3398 FAX.(0980)75-6113

本社

住所
沖縄県那覇市安謝1丁目23番8号
TEL
(098)867-1611
FAX
(098)866-6966

中部営業所

住所
沖縄県嘉手納町字屋良1022番地
TEL
(098)956-2040
FAX
(098)956-2073

北部営業所

住所
沖縄県名護市字中山324-1
TEL
(0980)52-4102
FAX
(0980)43-5011

宮古営業所

住所
沖縄県宮古島市平良字久貝659-5
TEL
(0980)73-3398
FAX
(0980)75-6113